保管倉庫

□とある日常。〜帰り道編〜
2ページ/3ページ

「良く知ってますね。近くにいました?」

「うん、ちらっと見掛けた」

歩きながら話す二人。


「偶然、極卒くんと会ったんですよ。お昼がまだだったんで一緒にうどん屋さんでご飯を」

「………鴨さん、それ、偶然じゃないYO……」

ニッキー、ボソッと一言。

「何か言いました?ニッキーくん」

「ううん、別に?気にしない気にしないー」


そうこう言ってる間に、哲夫が住んでいるマンションが見えてきた。

「…あ、そうだ。
ニッキーくん、荷物を持ってくれたお礼といってはなんですが、夕食食べて行きません?」

「え、いいの?」

「はい。大した物は作れませんが…」

「やりぃ!ご馳走になりまーす」

そうして、二人はマンションへと入っていった。



―――――――――

翌日。


「……で、夕食ついでに宿題も見てもらったという訳か」
次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ