保管倉庫

□とある日常。〜帰り道編〜
1ページ/3ページ

自宅から最も近いスーパーを出てから徒歩10分。
時間的にはもう自宅に着いてもいいのだが、距離的にはやっと半分。


「…ちょっと、買いすぎたかなぁ?」

両手にはずっしりと重いスーパーの袋。

「やっぱり、安いからって買いすぎた……」

と、哲夫が呟いたその時。


「こんちわー、鴨さんっ♪」

ガバッ

通りすがりのニッキーが背後から抱きついてきた。
バランスを崩しかける哲夫。

「わぁっ!…こんにちわ、ニッキーくん」

「あれ?鴨さん、買い物帰り?」

哲夫の両手にぶらさがっているスーパーの袋を見て言うニッキー。

「ええ、夕食の材料を買いに」

「そっか〜。あ、重たそうだから片方持つYO!」

そう言いながら、哲夫の左手からスーパーの袋を奪う。

「あ、すみません」

「気にしない、気にしない。
……あ、そうそう。鴨さんさ、一昨日ぐらいに極卒と一緒にいなかった?」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ