保管倉庫

□とある日常。〜IDAAラボ編〜
1ページ/2ページ

とある日の昼過ぎの事。


「カモテツさぁ〜んっ!!」

ガバッ

「ぅおっ!?」

研究室の机にかじりついて書類を書いていた哲夫に、誰かが背後から飛び付いた。

「…み、ミニッツさん?」

振り返り、飛び付いたのがミニッツだと分かって、少しびっくりする哲夫。

「こんにちわー」

哲夫につかまりながら、ニコニコと答えるミニッツ。
ちなみにいつものウサギの衣装ではなく、パステルピンクのワンピースにジャケットをはおり、毛糸の帽子という格好。

「なんで、ここに?よく入れましたね」

「受付の人にね、カモテツさんに会いに来たのって言ったら、コレ貰って場所も教えてくれたの〜」

首から下げた見学証を見せるミニッツ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ