『TWILIGHTZONE』



ビルの屋上。

夕日の逆光で顔は見えない。

“黄昏時”というのはすれ違う人が、人か物の怪か顔が見えないころだから“誰そ彼れ”から来てると…。なにかで聞いたか読んだのか。


誰もいないと思った。

一人なるのにちょうどいい場所だとおもっていた…のは俺だけでなかったらしい。

「最上さん…何してるの?」

逆光で顔は見えないはずなのに、何故か彼女だと思った。

彼女だと感じた。

一人になりたくて来たはずなのに。
そこにいるのが彼女ならば側に行きたいと思った。

答えない彼女にもう一度声をかける。
「最上さん?」
ようやく彼女がぽつりと話し出す。

「待っているんです」

「誰を?」
こんなところで待ち合わせなんて、問わずにいられないだろう。

「誰かを」

だけど彼女の答えは誰でもなかった。

「誰かを待っているのに…誰を待っているかも…もうわからないんです」

幼い頃、人の目につかない場所に泣きに来た彼女。

今も君は一人で泣きに来たのかい?

陰りで君の顔が見えない。

「側に行ってもいい?」
君の側に行きたい。
返事を待たずに歩み寄る。
君は泣いてはいなかった。

「どんなに…待っても来てくれるはずないのに…
ねえ、敦賀さん…隠れん坊って、見つけて欲しいから隠れるんですよ、誰かが見つけてくれるのを待っているんです」

…待っているのは、君を見つけてくれる“誰か”?

「見つけたよ」

「敦賀さん?」

「君を見つけたのが、俺じゃ駄目?」

彼女の瞳に涙が盛り上がっていく。

「誰も…探してくれなかったの!
誰も…!」

必要としてくれなかったの!

声にならない唇の動きだけで叫ぶ。

今日の仕事で何か昔を思い出してナーバスになるようなことでもあったのだろうか。

「探すよ」

君がどこにいても

「必ず見つけるよ」
力いっぱい抱きしめて、君が必要だと声の限り叫んであげる。

他の誰でもなく。


君だけを。

必ず見つけて

君の涙を止めてあげる。



☆☆☆☆☆


感想ありましたらどうぞ。(お名前は文中に入れて下さい)




胸キュンシチュアンケート

[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ