〜君に溺れる〜
サ○デーの話だったり
日々の話だったり
気分で小説だったり
ここの存在を想いだした時
読んでもらえればいいな

そんな存在だったらいいな

って想ってます


君に溺れていく
















キラキラ

眩しいよ

でも、ね…


たまに曇ってしまうんだ

.

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ