北に住む守られし黒猫
北に住むは気高く孤高な黒猫である

誰の手も届かない

だからこそ美しい

しかし、傍で仕えし者たちが

我らが伸ばした手を振り払う

決して手の届かない、孤高の存在

だからこそ美しい

だからこそ魅入られる

ほら、そなたも…魅入られた


貴方が今から迷い込むのは

守られし黒猫が住む世界

ようこそいらっしゃいました

貴方は517人目の迷い人で御座います

ゆっくりと微睡みくださいませ

必読!
道案内
自己紹介
物語
腐男子は鈍感不良に恋をする



おや、もう御目覚めですか?

随分と御早いことで

またいらっしゃってくださいね

いつでも黒猫は待ち続けておりますゆえ


ブックマーク|教える
最終更新日 2019/09/03




©フォレストページ