長い夢

□神と人
1ページ/4ページ

ここか……

紺野はスーツを着込み学校を見上げた。政府の命とはいえ随分と田舎に来たものだ、周りには田圃しかない小さな山間の村。

ここに本当に審神者がいるのだろうか

苗字 名前

書類には写真と個人情報が並んでいる、12年前に神隠しにあって帰ってきた途端に親が蒸発、それからは神社の神主をしている祖父母が面倒をみるか……

資料から顔を上げだ時チャイムが鳴り、生徒が出てきた。

「あの、すみません。苗字 名前という人を探しているのですが」

通りすがりの男子生徒にはなしかける

「あぁ、名前?
茶色と黒が混じった感じの髪で、存在感薄い奴がそうだよ」

「存在感が薄い……根暗なんですか?」

「いや、あいつ明るいし良い奴なんだけどさ、ふとした瞬間フッと消えるんだよなぁ、影がうすいっていうか……なんかこっちの人じゃないみたいなんだよなぁ
まぁ、あいつの家、村で一番の神社の息子だからそう見えんのかもね」

なるほど……とつぶやいた時、男子生徒が手を振った

「おーい!名前お客さん」

「はぁ?そんな予定なかったはずだけど……で、なんの用?ばっちゃとじっちゃの客?」

「はい、詳しくは場所を変えて。お線香をあげに行っても良いですか?」

「わかった、じゃあ家に行くか」

本当に田舎のセキュリティの甘さは驚いてしまう。まぁ、楽に進んでちょうどいい

「ほらこの上」

「えっ、この上ですか?」

しばらく歩いた末にたどり着いた場所は鳥居の下だった

そして、山に張り付くようにずらりと並んだ急な階段、名前はもうすでに階段を登っている

少しでも、楽に進むなんて思った自分を殴ってやりたかった
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ