迷夢録『そらね』

嘘をついてたわけじゃない。

そうやって自分自身に必死に言い聞かせてきたけど、

やっぱり俺はお前に、少し負い目を感じてたような気がする。











坂田銀時 夢小説 長編
シリアス、セクシーネタ注意。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ