銀魂

□【近土】ムラムラします、じゃねぇだろ!?
1ページ/1ページ

 


 荒い声で、余裕がなさそうで、
風邪なんじゃねぇかって思った。

そしたら、毎月のように聞く言葉。

「トシ……ムラムラ、します」


【 ムラムラします、じゃねぇだろ ! ? 】


「は……? なに言って――――」

「本気なんだ。トシ、お願い」

 この人のムラムラ頻度、どうにか出来ねぇのか。
毎月毎月。酷いときは二週間に一回は言っている。

そりゃ、男だから仕方がねぇかも知れねぇけど、
自分で処理するとか……俺を毎回巻き込まないでほしい。

別に俺はそんな気分でもねぇのに無理矢理させられたり、
近藤さんだから許しているが、毎月は流石にキツい。
……て、それって男としてどうかしてんな。

 近藤さんの言葉に困っていると、
近藤は俺に四つん這いで近づいてくる。
それを見て、俺も後ろに後ずさりをする。

「トシ……トシ……お願い」

「駄目だ! 今はまだ書類が山ほど残っている」

「……じゃあ、終わったらいい?」

「終わる程の量でもねぇし、今日は気分じゃねぇ」

 伸ばしてくる手を除けて、
迫って来る近藤さんの腹を足で押さえる。
近藤さんは当たり前だが、いい顔はしていない。
尖らせた口を仕方がなく開く。

「ねぇ、トシ。最後に抜いたのいつ?」

「…………近藤さんとしたとき」

「じゃあ、尚更――――」

「駄目ったら駄目だ! アンタが止まんなくなるだろ」

 後ずさりをしていると背中から鈍い音がし、
痛みが身体中にじんわりと残った。

振り返れば後ろは壁。
近藤さんも迫るに迫って俺の股に膝があって、
右手で俺の頬を撫でる。

「じゃあ、キスだけ」

「駄目だ」

「ぅう……トシーっ」

「ちょっ……」

 キスを拒むと、頬を舌で舐めてくる。
犬に舐められているみたいで、くすぐったい。
顔を両手で退けようとするが、
断然近藤さんの方が力が強く、敵うはずもなかった。

「ん〜……」

「くすぐってぇよ、近藤さ……うっ」

 頬をくすぐっていた舌はぬるりと移って耳に移動する。
以前に舐められたことのある身体が気持ちよさを思い出す。
ピチャピチャと水音が耳から身体へ響き渡る。
そのいやらしい音に身体が震えた。

「トシ、しよ?」

「……近ど、うさん……止めろって」

「トシ……トシ……」

「うぁ……んんっ」

 口を開けた隙に舌がすかさず中に入り込んでくる。
慌てて舌を奥にやるも、
上唇を噛まれ、怯んでいる俺に無理矢理交わらせてくる。
噛まれた唇はジンジンと脈を打ちながら、
口内は血の味で染まっていった。

 しばらく息が吸えず、近藤さんの肩を何度も何度も叩き、
やっと解放される。
解放されたときには呼吸が荒くなって、
肩で息をしていた。

「ねえ、トシ。良いだろ?」

「はぁ……んっ……駄目だっ……」

「……じゃあ、俺がトシを気持ちよくさせてやるよ」

「はあ!? ちょ……っ、なにやってんだよ!」

「トシ、キツそうにしてるから」

 顔を俺のズボンに向け、チャックを開ける。
出てきた俺の肉棒は普段の倍の大きさになっていて、
ズボンから飛び出るように外に出た。
外の冷たい風がふわりとかかると、それだけで身体が疼いた。

「トシ、おっきいね? なにもしてないのに、もうガマン汁でてるよ」

「……っ……もう、止めろよ……」

 尖端から濡れている汁を近藤さんが舐めとる。
頬を舐めたときのように細かく舐めたあと、思いきりしゃぶりついた。
口内に入れただけで、背筋から熱が伝わっていく。
口を動かしただけで、既に限界をむかえそうになる。

「う……んっ……んどさっ……イくからもう……やめ……っ」

「はひていいよ」

 じゅぶじゅぶと卑劣な音が耳を刺激する。
限界を迎えた俺は天井を見上げ、全身の力が抜ける。
足をだらしなく広げているが、どうも戻せそうもない。
朦朧とする中近藤さんを見ると、ゴクリと喉を鳴らし、
指についた液をペロりと舐めた。

「は……っ……汚ぇ……」

「トシ、イクの早かったな。……やっぱりトシも溜まってるじゃねぇか」

「んっ……」

 再び唇を重ねる。舌を交わせば、
目を細めるほどの渋い苦みが口一杯に広がる。
気持ち悪いもの、飲みやがって。

「トシ……入れていい?」

「……どうせ……っ……言っても聞かねぇだろ……っ」

「わかってるじゃねぇか」

 にやりと口角をあげると、
俺の太股に一度キスを落としてから穴に指を入れる。
力が完全に抜けた俺は、近藤さんに委ねるしかなかった。




 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ