銀魂

□【近土】拾い猫
2ページ/3ページ





「……すまん、近藤さん。廊下を走っちまった」

「そんなに肩を落とすなって。誰にだってあることさ」

「いや、廊下を走るなと俺が言い出したことだ。
約束を守れないなんざ、武士の恥だ。士道不覚悟で切腹を――」

「いや、いいから。廊下を走って切腹とか聞いたことないから」

 トシは本当に真面目だな。悪くいえば頭が硬いんだが。
それにしたって、トシが廊下を走るんだから、
それなりの理由があるんだろうな。気になる。

「トシ。それじゃ、なんで廊下を走ったんだ? なんか急ぎ事か?」

「……そりゃ、まあ、そうだが」

「俺に言えないことか? 勲、寂しいなぁー」

「なっ……! 止めろその口調! 気持ち悪ぃ!」

「あーあ、勲もっと傷ついちゃったなー。
教えてくれなきゃ傷癒えないなぁー」

「柄でもねぇことだよ。どうせ笑うだろ」

 トシをはぐらかすのはそこまでにして、と。
照れて刀を取り出されたら流石に大変だからな。

もう、わかってるから。聞こえてるから。

「……んで、その猫ちゃんはどっから拾ってきたんだ?
さっきからニャーニャーすんげぇ啼いてるけど」



***



 トシの腕に頭を擦り付けている黒猫。
どうやらトシに懐いているらしい。
生まれてからそう経っていないぐらいの大きさ。
多少手が大きいと言えど、
トシの手に収まってしまう程小さかった。
栄養失調か。

「はははー! トシが猫なんざ、本当に柄じゃねぇなぁー!」

「……っ。だから言いたくなかったんだよ」

「冗談! 冗談だよ!
それで、改めて聞くが、どこで拾ってきたんだ?」

「屯所の門の前にダンボール箱が置いてあって、
そこに入っていたよ。頭に雪が積もってたから持ってきた」

「それは可哀想だな。よくやった、トシ!」

 そういいながら、俺は落ち着いた黒猫に手を伸ばし、
頭を撫で――――

「シャァアア!」

「いでっ!」

 ……あれ、なんだ? この猫。
ちっとも俺に懐かない。
それどころか、嫌ってるっぽい。
俺、なんもしてねぇのに。

 トシを見ると、オロオロとしていた。
猫が反抗したから
俺が外に戻してこい、とでも言うと思っているのか。
俺もそんなに鬼じゃない。

「なんだよ。トシにしか懐かねぇのか?」

「……すまん、近藤さん」

「気にすんなって。お前がやったわけじゃねぇだろ」

「いや、違うんだ。
俺、これから見廻りだから、
近藤さんにコイツを預けなきゃならねぇ。
……数時間で戻ると思うんだが」

「……えっ」




次へ
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ