銀高

□たりないんだ
1ページ/1ページ


「なぁ、銀時…」

晋助が隣にいる恋人・銀時に声をかける。

「なぁに、晋ちゃん?」

「…愛してる」

目を瞑って銀時の肩に頭を預ける。

(なに、この子…可愛んですけどっ)
「俺も、晋ちゃんのこと愛してる」

鼻血が出そうなのを踏ん張って晋助の肩を抱き寄せる。

「…やっぱ、違う」

「え?」

ぽつりと呟いて銀時から離れる。

銀時は自分が何か嫌われるようなことをしたかと気が気でない。

「晋ちゃん…?」

「銀時……」

銀時の両頬に手をそえ見つめる晋助。

「銀時…好き、大好き…愛してる……誰よりも」

「晋助…」

お互いが求めあってキスをする。

唇と唇が触れるだけのキスをだんだんと濃厚にしていく。
体を密着させ、しがみつき、決して離さないように。
口を開け、舌を絡め、唇に吸いつく。
息が上がろうが、意識が朦朧としようが、獣の様に互いの唇を貪る。

好きで好きで、たまらない…
大好きで大好きで、たまらない……
愛して愛して、止まない………

晋助は銀時に溺れ、
銀時は晋助に溺れる。

「もっとっ、強く抱き締めてっ」

「あぁ、俺の可愛い晋助っ」

「俺の銀時っ、銀時銀時ぃっ」

「晋助、晋助晋助っ」

たまらなく愛しいんだ。
お前が居ないと狂いそう…
絶対に離れたくない…
絶対に離さない……

「「愛してるじゃ、たりない……」」

そう、たりないんだ……


fin.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ