カクlong story


 長鼻で闇を背負う君と出会った

 それはきっと、運命だと信じたい

 辛い道を選んでしまったけど

 それでもあなたが好きなの・・・

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ