初めに  小説 掲示板|二次→黒鉛筆。




――大好きだよ。



そう言って泣いて、


笑った彼女は、もういない。


あれから、何回春が過ぎただろうか。


どうしてだろう。


彼女を思い出そうとする度に、

彼女の笑顔を再び見たいと目を閉じる度に、



――彼女は泣いてしまうんだ。



静かに、激しく、

感情を押し殺して、喚いて、

酷く儚げに、美しく。


思い出されるのは、泣き顔の彼女ばかり。


あぁ、これで5058回目。


もう私は、

彼女がどんな笑い方をしたのかも、

思い出せない。





phantasms
(幻影)






(それとも彼女は、)
(本当に笑ったのだろうか)


ブックマーク|教える




©フォレストページ