左左右妄想劇場

暗闇の夜―。

 月からの使者に導かれる。

『僕を見失わないで―。』

『待って‥‥置いていかないで?』
        

『さぁ、早く。』

夜が明ける前に本を開こう―。

 『怖がらないで、本を開いて―?』

開けばそう―
夢。


※必読※

*自己紹介*

感想

*question*

∞BBS∞

†request†

¨¨Dream¨¨





コメ返
◎mail◎

『太陽が君を迎えに来たようだ―。』

静かに本を閉じよう。

『朝が来れば夜も必ず来る。』

『君が望めば、僕はいつでも月から迎えに来るさ。』

現実へ、戻ろう。
  しばしの間―。

  


ブックマーク|教える

訪問者12844人目

最終更新日 2012/03/03




©フォレストページ