〜風そよぐ篇〜

□玲瓏
1ページ/9ページ





弥生「っ……」


弥生は崩れ落ちた。

大和をこの手で殺めてしまった。


弥生「貴様は我に……どうしろと言うのだ…」


剣に滲む大和の血がやけに鮮やかに見えた。

その時…
―――ガラッと後ろの襖が開く。

弥生はパッと身構える。


銀時「よう、弥生。てめぇも生きてたか」

弥生「ふっ…貴様も無粋な奴だな。人が感傷的になっている時に」

銀時「お互い様だろ」


銀時はいつもと変わらないのは口と死んだ魚のような目だけで、体中血だらけだった。


弥生「貴様も苦労するな。損な性格だ」

銀時「俺に言うな。悪ィのは遺伝子だ」


銀時はそう言いながら弥生に手を差し伸べる。






次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ