〜風そよぐ篇〜

□懸河
1ページ/6ページ






新八「ハァ…ぐっ…ハァ…」

薺「もう、なんなの?お姉さん本当、飽きて来ちゃったわよ」


薺は扇子を血なまぐさい部屋で不釣り合いなくらい優雅に扇ぐ。


新八「不思議です…。僕には、こんな力ないって思ってたのに…何度でも立ち上がれる」

薺「早くくたばってくれないかしら?お姉さんもこんなつまんない暇つぶしはもうたくさんなの」


薺は明らかに苛立っていた。


新八「きっと、あなたにはできない」

薺「ハッ?」

新八「きっとあなたが僕だったら、すぐに諦めてる。だって…仲間が居ないから」

薺「ふっ…仲間?そんなものがなんだって言うの?」

新八「そんなことも分からないなんて…あなたは可哀想な女(ヒト)です」

薺「何ですって!?…坊や、お姉さんを怒らせたら怖いわよ」

新八「無駄です。僕は…諦めない」

薺「……暑苦しい。殺してやる!!」


女の甲高い声が響いた。







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ