〜風そよぐ篇〜

□悠久
1ページ/8ページ





そして幾程たっただろうか。

目の前にひっそりと、そして禍々しい雰囲気の大きな城がそびえ立つ。


銀時「ここか…」

弥生「銀時、小娘、小僧…気を抜くな。ここにいるのは呪われた侍たち。そこらの浪人とは訳が違う」


淀んだ空気。

立派な城。


弥生「奈落はあの天守閣にいる…」

神楽「…」
新八「…」
銀時「…」


弥生「役目を終えたら皆」
神楽「誰一人欠けることなく」
新八「晴れ渡った空の下」
銀時「ここへ集合だァ!!」


そして4人は勢い良く走り出した。


新八は城の入り口から入り、初めの襖を開けた――。

しかしそこには誰もおらず、新八は過ぎ去ろうとする。


薺「眼鏡坊や。ちょいと待ちな」

新八「え?」

薺「お姉さんとちょっとだけ、遊んでいかない?」

新八「へっ…上等ですよ…」



新八は余裕を持ってニヤリと笑った――。






次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ