長編小説

古より伝えられし伝説――
――この世界を創造したモノ。


それは七匹の龍神である。



七龍神は創造の証に一つずつの“力”を授けた。


橙の龍は大地を覆う程の“土”

緑の龍は地に根を張る“樹”

青の龍は流れ行く“水”

黄の龍は大気を動かす“風”

紅の龍は燃え盛る“火”を



そして、


白の龍はそこに住まう“命”を


黒の龍は終わりを示す“死”を与えた。



此等、七龍神の力により支えられ、均等を保つ事が出来ている――





それが今、些細な感情により崩される事に成ろう。



運命と言う名の糸により紡がれる物語が今、幕を開ける――。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ