宝物


□時は流れても
1ページ/1ページ




◇時は流れても◇











「まあ、綺麗…」

彰子は目を輝かせて、自分の目の前にある薄桃色の花を見た。

「最近見つけたんだ。彰子が喜ぶと思って」

昌浩と彰子は、大きな一本桜の前に立って、それを見上げていた。

いつもは白い物の怪と一緒にいる昌浩だったが、今日は二人だけで見に行きたいところがあったので、物の怪を邸においてきたのだ。


…抗議は、帰ってから聞くことにして。


「彰子、ちょっとこっち向いて」

「え?」

そう言われて昌浩の方を向くと、耳に、そっと何かが触れた。

「なに?」

不思議に思った彰子が思わずそこに手を伸ばすと同時に、かすかな甘い匂いが、鼻腔をくすぐった。

「桜…?」

「うん。彰子、よく似合う。春って優しくて暖かいから、何だか彰子みたいだ」

そう言って屈託なく笑う昌浩に、彰子はふわりと微笑んだ。

「ありがとう」

瞬間、昌浩の顔が赤みを帯びる。
それを隠すかのように、わざとらしい仕草で彰子から顔をそらすと、昌浩は舞い落ちる桜をつかみ取るように手を広げた。

「ね、彰子知ってる?」

「え…何を…?」

桜の花びらを見ながら問う昌浩に問い返すと、昌浩はふいに彰子の方を見て、笑った。

「桜の花びらを地面に落ちる前につかめたら、願い事が叶うんだって」

そう言って、昌浩は広げた手を素ばやく閉じると、彰子の方に近寄った。

そして彰子に見せるように、ゆっくりと掌を開く。

「あ…昌浩、すごい」

目を輝かせる彰子をふいに抱きしめて、その耳元で、昌浩は小さく言った。

「彰子の願いも、俺が叶えるよ…」



















俺の願いは、君と、ずっと一緒にいられること


(願わくば、貴女もそうでありますように)















ずっと、彰子を一番に想う


(そう、見返りなんていらない)
















時は流れても



変わらぬ想いを



貴女にーー…





ー了ー

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ