桜花舞う鹿鳴館!現る、日本の怪盗


『明日のナージャ』長編第2弾。舞台は日本、桜花舞う日本の社交界、鹿鳴館で繰り広げられる奇跡の舞姫ナージャの恋、そして冒険、深まる謎。
ナージャの前に現れた、エキゾチックでミステリアスな日本人男性。そして、覆面の怪盗紳士。彼はナージャのブローチを執拗に狙う。
ナージャのブローチを盗んだ日本人怪盗に接近するのは、かつてヨーロッパを騒がせた怪盗黒バラ。日本で繰り広げられる二人の怪盗の暗闘。
「ナージャのブローチは俺が取り返す」言い放つ黒バラに、ほくそ笑む日本の怪盗。
「あなたには渡せません……。ナージャ嬢こそ、伝説の宝石にも代え難い」

掲載元サイト>>Like or Love

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ