小説殿

『どうも、寝不足でねぇ』
彼の言葉は弱々しく私は呆れていた

そう この日常の螺旋が好きだった

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ