贔屓組でネタ劇場

□Qちょうさ ぶんせきマシンはどこまで調査分析を出来るのか?
1ページ/1ページ

Qちょうさ ぶんせきマシンはどこまで調査や分析を出来るのか?













コトネ「さあ、A(回答)をお願いネジマキ!!!」



ネジキ「マは余計です、まず質問内容がよくわかりませんねー」



コトネ「だから、ちょうさぶんせきマシンはどこまでの範囲を図れるかって話!例で言うと、人間の体内の筋肉や水分や糖分や約分の成分が図れるか!」



ヒビキ「それ俺も気になる!」



ネジキ「約分は体内にありませんし、"分"つながりだからってどさくさに紛れて約分って言わないで下さいー」



コトネ「そんな細かい事いいじゃない!さあどこまで図れる!?ネマキ!」



ネジキ「取る文字間違いますーマを取って下さいねー」



コトネ「え…ネキ…?」



ネジキ「もういいです」



ヒビキ「ネジキさん、コトネはほっといて本題に入りましょう」



ネジキ「そーですねー……例えば君の服とかかなー」



コトネ「服!?もしかして…脱がす「気はないですねー」



ヒビキ「コトネ、誰もコトネの服は狙ってないし、先進まないよ」



コトネ「まさか!私の貞そ「誰も狙ってません、進めましょう」



ネジキ「(コトネと絡むと面倒なんでヒビキにしましょうー)」



ネジキ「ヒビキの着ている服の成分を計りますー」



ヒビキ「服の成分をも計れるんですか!?凄いですね!」



ネジキ「そんな事朝飯前ですー、えーヒビキの服は布1%ー」



ヒビキ「布1%ですか!?少なすぎません!?他は何で出来てるんですか!?」



ネジキ「ノリノリ50%ー」



ヒビキ「ノリノリ!?」



ネジキ「あ、わかってると思いますが食べる方のノリじゃなく、ノリノリの方です、もしノリノリじゃなくなったら服の50%消えまーす」



ヒビキ「消える!?それは服の半分…」



ネジキ「50%は半分ですね、上半身か下半身の服どちらかが風のようになくなりますー」



ヒビキ「いやだー(泣)」



コトネ「(笑)」



ネジキ「なので服を機嫌を悪くしないように、下から目線で、ゴマをすって機嫌を上手く取って下さいー服を着る時も「失礼します、腕二本と頭をお通しいたします」とー」



ヒビキ「面倒くさ!!!」



コトネ「…………ヒビキ」



ヒビキ「何!?」



ネジキ「………ワーオ」



ネジキ「機嫌し損ねましたねーズボンが徐々に消えてますよー」



ヒビキ「げ!!まさかさっきの…!」



ネジキ「面倒くさいとゆう単語が気にくわなかったんでしょーねー」



ヒビキ「服が不機嫌になったのか!(泣)恥ずかしいー(泣)!!」



コトネ「…………去った」



ネジキ「去ったねーヒビキも去りましたが服も去りましたねー風のようにー」









あの後、ヒビキのズボンは機嫌を直す事なく、姿を消したままになり、新たなズボンを買ったとはまた別の話


















ちなみに残り49%はホコリで服は成り立ってます。意味不明な話になりました

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ